レッド83

PROJECT DETAILS

Created by using premium cherry tree wood used for the gym floor of Asia’s oldest international school for over 50 years, “RED 83” reinvents wood floors into stylish furniture and goods.

As graduates of Saint Maur International School, a small yet prestigious school recognized for its commitment to education for over 140 years, we did not want the floor of our gym, where we dedicated our heart and soul to basketball and volleyball practices, to just go to waste. By collaborating with a renowned furniture store, “ACME furniture” we breathe new life into our memorable gym floor.

Named by combining our school color “RED” with part of the school’s address, “83 Yamate-cho”, “RED 83” embraces the floor’s colors and wear and tear and upcycles it into pieces of stylish furniture. For the tables, the color of the tapes used for the floors match the carefully crafted iron table legs, transforming it into tables with a sense of warmth and character.

In order to cherish our school’s history and value, we have further developed the project into a collaborative relationship, which involves the school and students in the production. We hope that by upcycling, we can bring out the best in what the material holds.

1872年に設立したアジアで最も古い名声の高いインターナショナル・スクールの体育館で、50年以上使われてきた良質な桜材を再利用して製作したスタイリッシュな家具シリーズ「RED 83」。

「私たちの青春がつまった母校の体育館の床材をただの廃材にしたくない」という思いから産まれた商品です。ヴィンテージ・インテリア家具専門店の「ACME Furniture」とともにこのプロジェクトを走らせることになりました。

このシリーズ「RED83」の名前の由来は、母校のスクール・カラー「RED」と、サンモール・インターナショナル・スクールの住所「山手町83番地」をかけて作りました。

テーブルは体育館のフロアに貼られたラインテープと、木材一つ一つの個性と経年劣化を楽しめるようそのままの表情を残し磨き上げました。テーブルの脚に使用した鉄は、ラインテープとの調和を考えられたカラーリングで統一。温かみのある家具を目指しました。

世界で唯一無二の、あなただけの家具となってくれるよう気持ちを込めて製作しました。

また、今後も様々な領域でアップサイクルに共感する方々とのプロジェクトも展開を予定しておりますので、わたしたちの活動にご期待ください。