コバルト

PROJECT DETAILS

A travel pack, tactical backpack or EDC (Everyday Carry) backpack, “KOBALT” is a highly functional bag with unique Japanese patterns and a modern look.

The name “KOBALT” comes from joining two words. “KOBAYASHI,” after our grandfather, who believed in preserving traditional Japanese patterns, which is the main design of this bag, and this bag’s color “COBALT.”

The pack contains 9 pockets hidden in the lining to divide gear according to priorities and for easy access. It’s sleek, lightweight, durable and water-resistant-- making it fit for daily use.

“KOBALT” will be available in other colors and bag-types. It’s the ideal bag for people who need functionality with a spice of traditional surprise!

利用シーンを選ばないバックパック「KOBALT」

「祖父が特にこだわり、好んだ美しいこの和柄を、もっと身近に、そして世界に発信できるものとして現代に創りあげることはできないか。」

この問いへの追求が、この商品を作るきっかけとなり、その第一弾として、バックパックの裏地に亀甲模様のデザインをモチーフにした、「KOBALT」が誕生しました。

名前の由来の一つはバッグの特徴である伝統和柄の亀甲模様を好んだ祖父・小林良太郎の名字「KOBAYASHI」。京都で綴帯製造卸を営んでいた故・小林が生前にこだわり続けた綴帯は、京都の西陣織のなかでも芸術作品の一つとされており、長い年月、町行く人々を華やかに彩ってきました。それに、もう一つの要素であるバッグの色を表すコバルト・ブルー「COBALT」をかけて、「KOBALT」と名付けました。

バッグはデザインだけでなく、機能性と耐久性にもこだわりました。900gの軽さでも安定的に持ち運びが可能で、物の出し入れや、雨の浸水を防ぐための止水ファスナー等、素材の耐久性も兼ね備え普段使いにも配慮しています。

このシリーズは、今後も様々な色や形で展開を考えております。伝統和柄の「粋」な表現をお楽しみいただける商品です。