BLUE ON BLUEについて

Based in Yokohama, Japan, BLUE ON BLUE was founded upon the principles of creating innovative, playful, positive designs while respecting tradition and history. We grew up in an international school where everyone had different beliefs and cultural backgrounds. From an early age, we learned how to accept our differences and respect diversity. At the same time, having grown up in Japan, we have a deep understanding of Japanese culture. We understand the need to respect Japanese traditions especially in the art industry where craftsmen have kept tradition alive for sometimes centuries. Using our unique background of having a foot in both worlds, we aim to create something special and meaningful, in the light of preservation, innovation and sustainability. We create our own line of products but also collaborate with designers and artisans with whom we share the same values. From furniture to fashion, we commit to “モノづくり” (monozukuri), which roughly translates as object making, and to produce accessible products.

Our name “BLUE ON BLUE” was chosen simply because it is one of our favorite colors. Blue also symbolizes loyalty, strength, wisdom and trust. Every project is approached with respect and loyalty for tradition, culture and environment. It is our aim to redefine craft and introduce new perspectives through the power of design. We hope you enjoy our particular shade of blue.

BLUE ON BLUEは、歴史と伝統あるモノに、革新的な発想や遊び心のあるデザインで、新たな息吹を加えるプロジェクトを行っています。取り組みに至る背景は、私たちが育ったインターナショナル・スクールまで遡ります。そこは日本に住みながらも、あらゆる国籍や信仰を持つ人と接する機会が多くある環境でした。いろいろなバックグラウンドを持つ子たちと日々接するため、小さな頃から自分や友達との考え方や習慣の違いを理解し、それぞれの個性を尊重して過ごしてきました。このようにして学生時代から長年培ったこの多様な文化の違いを知る私たちだからこそできるアプローチがあるのではないかと考え、独自の視点で伝統文化をリデザインする事を決めました。

製品は、伝統の維持継続性と、そこに新たな息吹を吹き込む革新的デザインをコンセプトとしており、この価値観を共有できるデザイナーやエンジニア・職人とも協力し、 家具からファッションまで、アクセシブルな商品を生み出す「モノづくり」に取り組んで参ります。

会社名「BLUE ON BLUE」は、二つの要素を味方同士にして一つの新しいモノを産み出す、そんな意味合いも持ちます。“BLUE”の色の持つ意味は、平和・尊敬・信頼等です。海や空の色でもあり、広く大きく無限な可能性も意味していて、私たちの大好きな色でもあります。

この先の大きな未来に、私たち独自のBLUEを一つ一つ描いていく事を楽しみにしています。

THE TEAM

BLUE ON BLUEメンバーの紹介

JI-LIN HSU
ジーリン・シュー

DESIGNER,CREATIVE DIRECTOR, DREAMER

Her interest in art and design began as a child. She studied spatial design in London, and worked in product, graphic, and textile design in years following. Her passion lies in playing with color. She believes color can greatly impact the way we feel, and given to the right shade, make us happy. She has also always loved traditional arts and crafts, and respect the works of artisans. Through BLUE ON BLUE she wishes to bring back the beautiful works of art not as an antique, but by incorporating it with her design ideas so it will become something completely new but accessible to younger generations.

幼少期からアートやデザインに興味を持ち、インターナショナル・スクール卒業後はロンドンで空間デザインを学びました。日本ではグラフィック・テキスタイルデザインなどの仕事に携わり、そこで、色が人の感情に影響を与える事を知り、やがて色を通じて人を元気にして行きたいと考えるようになりました。最近では日本の伝統工芸やクラフトに関心を持つようになり、職人たちの作る伝統工芸に、現代的な要素を加えて、若い世代にも受け入れられやすいプロダクト開発ができないかと、日々模索しています。

TOSHI IMADA
トシ・イマダ

VISIONARY OFFICER, PG

As a point guard on his basketball team, he grew up always wanting to assist people and giving others help. Even today, his mission stays the same. Through BLUE ON BLUE, he wishes to link tradition with the new, and assist people in finding new paths by presenting them with unprecedented ideas and concepts. He believes that up cycling and creative reuse are key factors for this, and will continue to seek for ways to forge otherwise unrelated items into more meaningful and valuable items.

学生時代はバスケットボールが好きで、ポイントガードとしてプレイしていました。チームの方向性を示すのが、このポジションの楽しみの一つですが、学生時代から長年培ったこのプレースタイルから、大人になった今でも、あらゆる人をアシストしていきたいと考えるようになりました。BLUE ON BLUEでは、アップサイクルやリユースの考えを軸として、伝統文化と現代のクリエイティブな要素を掛け合わせ、「人・モノ・時」を繋げるサポートをしていきたいと考えています。